進学塾で働くには

塾講師を目指して

将来の仕事として塾講師を目指している人は、どんな点で努力すると有利に働くでしょうか。塾講師になるために教員免許が必要なわけではありませんが、教員免許を持っていると就職に有利に働く可能性が高いでしょう。とにかく大事なのは自信を持って教えることができる科目があることです。

塾の方も、ただいきなり授業を任せるわけではなく、指導法などを学べるように養成に力を入れているところもあります。中にはアルバイトからそのまま正社員になっていった例もあります。塾によっては講師の多くがアルバイトの学生というところもありますので、それらアルバイト講師が大学卒業後そのまま正社員として働き始める場合もあります。

今現在大学生としてなにかアルバイトをしたいと考えているならば、まずは時間講師として塾講師に挑戦してみるというのも良いでしょう。自分がしてきた勉強を活かせる場ですし、もしも向いているならそのまま将来の就職のための良い流れを作ることにもつながるでしょう。

塾講師として働きたい人のための求人情報サイトもありますので、そうしたサイトを見てどんな就職先があるのか情報を収集してみるのは良い方法かもしれません。魅力的な職業として塾講師の仕事を考えてみてください。